• 日光さる軍団

Go to travel も利用できる!おすすめ日光リゾートホテル

いよいよ日光にも紅葉シーズン到来です。


神社巡りや温泉巡り、ハイキングにも最高の気候です。


Go to travelキャンペーンも始まり憧れの人気リゾートホテルにもお得に宿泊できるようになりました。


せっかくですから感染症対策をしつつお得に旅行をしたいところですよね。


今回は日光でGo to travelが利用できるオススメ人気ホテルを紹介していきます。




Go to travel とは


新型コロナウイルス感染症の収束後の経済を回復するため、甚大な被害を受けている観光業などを対象に国が消費を促すために行なっているキャンペーンです。

対象期間に旅行会社などを経由して旅行すると、旅行金額の最大半額(35%の割引と15%の地域共通クーポン発行)の補助を受け取ることができます。


詳細はこちらをご覧ください。

https://goto.jata-net.or.jp/coupon/




オススメホテル


引用:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/nikko



ザ・リッツ・カールトン日光


2020年7月にオープンしたばかりの栃木県では初となるインターナショナルラグジュアリーホテルです。

日本百景の一つでもある中禅寺湖に面していて紅葉の季節になると、綺麗な色付きを魅せる男体山の絶景を望むこともできます。

「奥日光の自然と調和する邸宅」をコンセプトにしていて 洗練されたデザインの中に日本独自の美意識、自然観を感じることができる温かみのある居心地の良い雰囲気になっています。


中でも注目なのはリッツ・カールトン初となる温泉大浴場です。

美肌効果や冷え性、神経痛など様々な効能をもつ湯元温泉を、開放的な露天風呂や四季折々に装いを変える庭園を眺望できる内風呂などで楽しむことができます。


寒くなってくるこの季節にぜひ利用したい施設です。


ホテル主催のアクティビティも用意されているので合わせて予約してみてくださいね!



住所:〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482番地

TEL:0288-25-6666

ホームページ:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/nikko




ふふ 日光

引用:https://www.fufunikko.jp



2020年10月2日にオープンしたばかりの熱海、河口湖、奈良に続く4施設目のふふブランド高級旅館になります。


全ての客室で家具、マテリアル、カラートーンが違い55㎡以上のスイートルーム仕様の、日本伝統の気品溢れるホテルになっています。


各部屋にある自家源泉の温泉や大浴場からは田母沢の川のせせらぎや緑、静けさを感じることができます。


お食事もフォアグラやキャビアといった世界三大珍味をはじめウニや唐墨などの日本三大珍味を楽しめる八寸、地元栃木の食材を随所に取り入れた多彩な日本料理を味わいながら至福のときを楽しむことができます。


住所:〒321-1434 栃木県日光市本町1573-8

TEL:.0288-25-5122

ホームページ:https://www.fufunikko.jp



鬼怒川金谷ホテル

引用:https://www.kanayahotel.co.jp/nkh/


明治6年創業の日光を代表する歴史あるホテルです。


ヘレンケラーやアインシュタインも愛用したとされる日本最古のクラシックリゾートホテルで日本の建築美を贅沢に満喫できます。


日光東照宮からもほど近く観光には絶好のロケーションです。


金谷ホテルといったらグルメも欠かせません。


あの池波正太郎が好んで注文していたというメインダイニングルームで提供されてきた「日光虹鱒のソテー金谷風」やクラフトラウンジで提供される「百年ライスカレー」など、

どれも明治時代から歴代の料理長が受け継いできたレシピです。

一度は泊まりたい憧れの金谷ホテルもGo to travel を使える今がチャンスです。


住所:〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町1300

電話番号:0288-54-0001

ホームページ:https://www.kanayahotel.co.jp/nkh/



界 日光

引用:https://www.travel.co.jp/guide/article/27649/


星野リゾートの「界/KAI」シリーズ。

心地よい和にこだわった上質な温泉旅館をコンセプトにした人気のあるシリーズです。


いろは坂を越えた奥日光エリアにあり、春は花々、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の景色を堪能できます。

栃木を代表する伝統工芸「鹿沼組子」をあしらった装飾がホテル内のいたるところに施されていて、散策しながら探してみるのも楽しみ方の一つです。


そして注目していただきたいのは何と言っても檜造りの露天風呂です。

重厚な木組みでできた檜造りの湯船は檜の香りが広がり日頃の疲れをゆっくり癒すことができますよ。


住所:〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482-1 電話番号:0570-073-011

ホームページ:https://kai-ryokan.jp/nikko/



鬼怒川温泉 あさや

引用:https://www.asaya-hotel.co.jp


創業130年。


鬼怒川温泉の中でもっとも高い場所に位置する自家源泉の「空中庭園露天風呂」が魅力の温泉宿です。


2020年3月にブッフェレストランがリニューアルされ常時100種類以上の品数を誇り、お寿司や国産牛のステーキ、天ぷら、パスタ、ピザなど、それぞれの職人さんが目の前で調理してくれるライブキッチンが人気です。


老舗の雰囲気を残しつつ最新の施設やサービスが取り入れられ、レジャーもリラクゼーションも館内で完結できるリゾート型滞在ホテルになっています。


住所: 〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝813

電話: 0288-77-1111

ホームページ:https://www.asaya-hotel.co.jp




オーべルジュ はなぶさ 日光

引用:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/128438/128438.html


オーベルジュとは「泊まることのできるレストラン」。


食べることが大好き!という人にオススメのホテルです。


客室はわずか5室で全て庭園付きの一戸建。


それぞれ古民家風、和モダン、洋室、アメリカンとジャンルの異なるデザインが施されていて、ジャグジー付きの露天風呂が楽しめます。

お食事は館内の生け簀で管理されている新鮮な海鮮や地元で採れた旬の味覚、栃木の蔵元で作られた地酒など限定5組だからこそできるおもてなしが、旅のクライマックスを彩ります。


住所:〒321-1421 栃木県日光市所野1458-1

電話番号: TEL.0288(25)7778

ホームページ:http://www.hanabusa-nikko.com


20回の閲覧

presented by

日光さる軍団

Copyright © Osaruland Inc. All rights reserved.

当サイトに掲載の文章、写真、イラストの無断転載を禁じます。